スマホ教室のニーズが少ない理由

スマホ教室のターゲットは誰?

TVで流れてた2022年にはガラケーがなくなりますというプロモーション的なNEWSが流れ、高齢者もスマホに移行してニーズがあると思い筑紫丘校区の聞き取り事業の困り事解決の一環としてスマホ教室をあげてました。

福岡市の2か所の団地で聞き取り調査をしていてびっくりしたのが、「使わないからもってない。」「家の電話で事足りてる。」という高齢者が実に9割もいました。だからスマホ教室に誰も反応しなかったのか!!!!!!

今までの仮説がくずれてしまいました。

高齢者=スマホ教室は必要なのか?

 

福岡市でつながりのある公民館に電話でインタビューしました。

驚いたのは
別府公民館と板付公民館でした。

板付公民館は定員20人に対して参加申し込みが39人だった。
2回開催できるほどだった

別府校区はコロナ禍という事で今年の夏は沢山参加してもらえた
との事で団地に住んでらっしゃる方だけなのか?
もう少し声を拾い上げようと思いました。

しっかりリサーチします♬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。