廃ガラスから食器

こんばんは😃🌃 ヨッシーです。

この頃 なにかとリサイクルやリユース商品に目が止まります(^-^)

東峰村小石原地区の手吹きガラス工房では、地元の酒店からリサイクルに回しにくいお酒の5合瓶やサッシ業者から廃棄された窓ガラスなどを譲り受け、お皿やコップ、花瓶などを作っているそうです。

淡い色合いの物が多く、身近に使えるものが中心

ぽってりと厚みがあるので、年配の方からは「懐かしい感じがする」と言われると記事に書いてありました。

きっと昭和に流行したガラス商品の感じなのでしょうね。いつか見に行ってみたいなあ(*^^*)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。