福岡市団地聞き取り事業

「1人でいるより皆んなで話そう」
の輪を拡げていきます。

コロナブルーにより精神的な問題で
「鬱」と診断された人の数が多いのにびっくりしました。以下エビデンスです。

僕等はそれを解消するために仮説検証を繰り返しながら活動しています。

今週の土日から、常田、篠原が中心となり南区筑紫丘校区にある若久団地での聞き取り調査を開始します。近くの方いらっしゃいましたらお声掛けくださいませ。

ハッピーライドがつくりたい町!!

全ては古き良き昔の日本を目指しています。僕は小さい時にとなりのおばぁちゃん家でよくご飯食べさせてもらったり、たまには泊まる事もありました。醤油の貸し借りなんて当たり前で(笑)ほとんどの困り事は井戸端会議で話し合っていたのではないか??そんなイメージを作り出したい。

お互い様の関係作りは高齢大国で介護費が減らされ、物価は上昇の日本には絶対に必要だと思っています。

皆んなで考えたいです。よいアイディアをお持ちお方、思いついた人は、色々と教えてくださいね語りましょう♪

最後になりますが、活動の後押しをして頂いている大塚商会のハートフル基金様には本当に感謝しかありません。ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。